読書メモ、たまに映画。

ブログやるならJUGEM
<< 逃走特急 インターシティ・エキスプレス | main | 東京物語 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
闇の子供たち (幻冬舎文庫)
読んでいる間、食欲がなくなったり、電車を乗り過ごしたりで、読み終わってホッとした。
前半は、これでもかというほどのエグい描写だけど、それより気になるのが、文章のうまくないところ。読みづらい。
親が子どもを愛する気持ちっていうのは、本能的なものであるかのように信じられているけど、本当は、というか、状況次第ではそう絶対的なものでもないのかな、と感じた。
| - | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 10:40 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
emo
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE