読書メモ、たまに映画。

ブログやるならJUGEM
<< やねの上のカールソン | main | グラン・トリノ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
飛ぶ教室
評価:
エーリヒ ケストナー
岩波書店
¥ 714
(2006-10)

 とにかく、大人たちのすばらしさにガツーンとやられました。
電車で3回くらい涙ぐみました。
特に、5人が闘った後の先生の部屋での話。
これは子供のときに読んでもそれほど響かなかっただろうなぁ。
それに引き換え、子供の言うこともロクに聞かず、怒ってばかりの私・・・。
もう反省して出直します。
子供だったときの気持ちを忘れてしまうってこういうことかな。
| - | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 16:35 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
emo
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE